Java Runtime Environment

Java Runtime Environment 8.0.110.1

「Javaランタイムが必要です」と書かれたソフトの動作に必須

Java Runtime Environmentは、Javaで開発されたソフトウェアを動作させるのに必要なファイル群です。インターネットで公開されているソフトウェアの中には、「Javaランタイムが必要です」や「Java仮想マシンが必要です」と書かれたものが少なくありません。Java Runtime Environmentをインストールすることで、ゲームや3D地図、ユーティリティソフトなど様々なJavaソフトウェアを実行できるようになります。 完全な説明を見ます

賛成票

  • Javaベースのソフトウェアの実行に必須である
  • インストールするだけで稼働し、特に設定する必要はない
  • アップデートを自動で検出・通知してくれる

反対票

  • アップデートが重なるとディスクの占有量が増加してしまう
  • アップデートによってディスク容量が不足した際は、いったんすべて削除して再インストールしなければならない

良い
-

Java Runtime Environmentは、Javaで開発されたソフトウェアを動作させるのに必要なファイル群です。インターネットで公開されているソフトウェアの中には、「Javaランタイムが必要です」や「Java仮想マシンが必要です」と書かれたものが少なくありません。Java Runtime Environmentをインストールすることで、ゲームや3D地図、ユーティリティソフトなど様々なJavaソフトウェアを実行できるようになります。

Java Runtime Environmentは、Javaで開発されたソフトウェアの実行に必要なファイルを、PCに一括インストールします。一度インストールしてしまえば、以後はランタイムを必要とするソフトウェアが自動的にランタイム呼び出してくれます。インストールは画面の指示に従いボタンを押すだけで完了し、その後の設定は不要です。Javaソフトウェアを利用しているときでも、Javaランタイムを意識する必要はありません。

Java Runtime Environmentを導入する上での注意事項は、セキュリティ修正などのアップデートの導入が必要な場合が多く、そのたびに100MB前後のディスク領域を占有することです。ディスク容量が少ないPCでは、いつの間にかディスクがいっぱいになってしまう可能性があります。アップデートの際にディスクが足りないとのエラーが表示されたら、いったんJava Runtime Environmentをすべてアンインストールし、最新バージョンを再度インストールしてみましょう。

Java Runtime Environment は、Javaベースのソフトウェアを実行するために必須のソフトウェアです。

— プログラム言語 —

Java Runtime Environment

ダウンロード

Java Runtime Environment 8.0.110.1